このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日:2017年03月04日

国内広告市場の中でテレビCMに次ぐ2位の市場規模となったインターネット広告。
ネット広告ってどのくらい効果があるの?と思われている方も多いと思います。

今回は、ネット広告で得られる効果と、効果が高いと言われる理由、おすすめの広告手法、効果測定の指標をご紹介します。

おすすめ無料で使える!Webマーケティングツール&サービス【厳選39選】

1.ネット広告で得られる効果

ネット広告で得られる効果

インターネット広告で得られる効果には大きく3つの効果があります。
ブランドを認知させ、好意的な印象を与えるインプレッション効果、広告主のサイトへユーザーを誘導させるトラフィック効果、ユーザーに購入や申し込みなどのアクションを起こさせるレスポンス効果の3つです。

1-1.インプレッション効果

インプレッション効果は、消費者へ広告を見せることで得られる効果です。企業の認知やブランドイメージなどが指標となり、効果測定方法としてはインプレッション数やリーチ数、フリークエンシーなどが用いられます。テレビCMと比べるとリーチ力には劣りますが、近年ではFLASHを用いたバナーや動画広告など、リッチな訴求で大量のインプレッション効果を得ることも可能になっています。

1-2.トラフィック効果

トラフィック効果は、広告を見た消費者などに広告をクリックさせることで、自社サイトへ誘導する効果です。クリック数やクリック率が主な指標になります。従来のマス広告やSP広告と比べて、広告をクリックするだけなので、トラフィック効果が得やすいといえます。

1-3.レスポンス効果

レスポンス効果は、広告を見てサイトへ訪問したユーザーが、商品の購入や資料の申し込みなど、実際にアクションを起こす効果です。従来の広告では、ユーザーにTVCMを放映したとすると、ユーザーは店頭に足を運んで購入する必要がありましたが、ネット上なら24時間いつでも購入までのアクションを起こすことが可能なので、レスポンス効果が得やすい点があります。

2.ネット広告の効果が高い理由

ネット広告の効果が高い理由

インターネット広告の効果が高いと言われる理由は、大きく3つあります。
ターゲットユーザーを細かく特定して広告を配信する「ターゲティング性」、ユーザーに様々なアクションを起こさせる事ができる「インタラクティブ性」、いつでも広告配信を強化したり広告内容を即座に変更できる「リアルタイム性」です。

2-1.ターゲティング性

ターゲティング性は、ユーザーのいる地域、年齢、性別、職業などのデモグラフィックデータと、ユーザーの行動履歴や興味関心などのサイコグラフィックデータからユーザーを細かくターゲティングすることが可能です。自社の見込み客となりえるユーザーのペルソナに沿った効率的な集客効果を得ることができます。

2-2.インタラクティブ性

インタラクティブ性は、ユーザーに広告を露出させてから、クリックなどのファーストアクションを起こさせて自社サイトへ誘導し、そこから更に購入や資料請求などのアクションを起こさせやすい点です。24時間いつでも、自宅などからどこでも、インターネットを通じてインタラクティブにやり取りできるため、効果が得やすいと言えます。

2-3.リアルタイム性

リアルタイム性は、広告の出稿から、広告内容の差し替え、Webページの内容変更などがリアルタイムに行いやすい点です。企業のキャンペーンやテレビと連動した広告展開が行いやすく、それだけ費用対効果を高めることが可能です。

3.効果の高い広告手法

インターネット広告と一口に言っても、配信手法や課金形態によって様々な種類が存在します。
※種類についてはインターネット・Web広告11の種類・特徴で、料金・費用についてはインターネット広告の料金一覧で詳しく解説をしています。

それらの中でも、とりわけ効果が高いと言われている広告手法は2つあります。検索エンジンの検索結果ページに広告を表示できる「リスティング広告」、実際に商品が購入された場合にのみ料金が発生する「アフィリエイト広告」です。

3-1.リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果ページに表示されるタイプの広告です。ユーザーが検索をしたキーワードに連動して広告が表示されます。1クリックごとに料金が発生し、キーワード単位で広告が配信できるため、小予算でも購買欲求が高いユーザーをピンポイントで狙うことができ非常に効果の高い広告手法です。

リスティング広告の主なサービスは、Yahoo!プロモーション広告GoogleAdWordsレモーラリスティングの3つが主要なサービスです。各社によって、取り扱っている検索エンジンが異なりますので、費用対効果を高めつつ売上を拡大するには各社へ配信することが望ましいです。
アカウントの解説は各社無料で、1円からでも即日始めることができます。

※2015年3月6日までにYahoo!プロモーション広告にWeb新規申し込みをすると、Twitter向けの広告料金10,000円がプレゼントされます。
(Yahoo!プロモーション広告では、Twitter向けに広告配信をすることも可能です。Twitter広告の利用申し込み(無料)を行えばプレゼントが適用されます。)

3-2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、広告主の商品・サービスが実際に成約された場合にのみ費用が発生するタイプの広告で、成果報酬型広告とも呼ばれます。成果報酬の金額は広告主が自由に決めることができるため、非常に広告効果が高い手法です。

初期費用と月額費用は発生しますが、それらをペイしてしまえば利益率が高い広告手法です。出稿はアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)を通して行います。ASPは、様々なサイトやブログへアフィリエイト広告の配信ができるプラットフォーム事業者を指します。

国内で業界大手のおすすめのASPは、A8.netバリューコマースです。各社とも無料で資料請求を行うことができます。

4..広告効果測定の指標

ネット広告は効果の測定が最もしやすい広告手法です。実際に効果測定ができる指標の中で、頻繁にモニタリングされる指標には以下のものがあります。

  • CPA(Cost Per Acquisition、Cost Per Action)
    ユーザーが特定のアクション(購入など)を起こした1回あたりのコスト。
  • ROI(投資利益率)
    広告費に対してどれだけ経常利益を上げられたかの指標。
  • リーチ
    広告を表示したユーザー数。
  • フリークエンシー
    ユーザー1人あたりに広告を表示した平均回数。
  • インプレッション(IMP)
    広告が表示された回数。
  • PV(ページビュー)
    Webページが閲覧された回数。
  • クリック数(CTs)
    広告がクリックされた回数。
  • CTR(Click Through Rate)
    広告が表示された回数に対して、クリックされた割合。
  • CPC(Cost Per Click)
    1クリックの平均コスト。
  • CV(Conversion)
    ユーザーが特定のアクション(購入など)を起こした回数。
  • CVR(Conversion Rate)
    サイトを訪問したユーザーのうち、特定のアクション(購入など)を起こした割合。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
マス広告、SP広告に比べてネット広告は効果が明白に分かりやすく、ターゲティング性の高さなどから市場規模は拡大しています。
アドテクノロジーをはじめとする、広告技術も年々進化しており、マーケティング活動におけるWebの重要性はますます高まっています。

ネット広告についてより詳しく知りたい方は、広告の種類についてはインターネット広告の種類で、料金についてはインターネット広告の料金一覧で解説をしていますので、ぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日:2017年03月04日

Facebookページで更新情報をお届けします!



購読にはTwitterやRSSも便利です。

follow us in feedly

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close