このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日:2017年03月25日

就職、転職に強い資格として根強い人気がある日商簿記検定。
実は日商簿記2級は「企業が求める資格トップ」でもあります。
2級まで持っていれば仕事の幅も広がるので、多くの方が受験する試験となっています。

合格率は10~20%程度とやや難関な資格ですが、やり方を間違わなければ、独学でも十分に太刀打ちできるのも事実です。

私も日商簿記検定2級を受講した経験がありますが、いざ合格してみるともっと良いやり方がたくさんあったな・・と無駄を後悔しています。

そこでこの記事では独学で日商簿記2級に合格するための勉強方法を厳選してまとめました。
これから受験をお考えの方、勉強中の方はぜひ参考にしてみてください。

1. 日商簿記とは?

はじめに、日商簿記とは何かからご説明しましょう。

1-1. 正式名称は「日本商工会議所簿記検定」

日商簿記とは、日本商工会議所簿記検定の略です。全国の企業を取りまとめる団体の一つ、日本商工会議所が主催しています。簿記の学習経験がある方なら、一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?

簿記をどれだけ理解しているかという指標として、日本で最も多く用いられている試験です。

公式サイトによれば、それぞれの級で問われる内容は次のようになっているので、一度確認してみましょう。

1級 公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。合格すると税理士試験の受験資格が得られる。
極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができる。
大学等で専門に学ぶ者に期待するレベル。
2級 経営管理に役立つ知識として、最も企業に求められる資格の一つ。企業の財務担当者に必須。
高度な商業簿記・工業簿記(初歩的な原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できる。
高校(商業高校)において修得を期待するレベル。
3級 ビジネスパーソンに必須の基礎知識。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。
4級 簿記入門レベル。
複式簿記の仕組みを理解し、初歩的な記帳ができる。
小規模商店の経理事務に役立つ。

出典: 簿記 | 商工会議所の検定試験

実際に簿記の勉強を始め、検定試験を受験する場合は、3級からチャレンジをするのが一般的です。

1-2. 2級まで持っていれば仕事に有利

資格試験に関しては、「履歴書に書けるのは○級から」という話がつきものです。簿記の場合はどうなのでしょうか?人材紹介大手・リクルートキャリアの調査によれば、日商簿記2級は「企業が求める資格トップ」になっています。

参照:転職における資格の有効性|データ&ランキング│転職成功ガイド

派遣社員、契約社員、正社員の形態を問わず、経理関係の仕事をしたいと考えたなら、日商簿記2級までは頑張って勉強してみましょう。税理士などさらに高度な専門職にチャレンジしたいなら、1級まで進んでください。

1-3. 気になる日商簿記2級の合格率は?

日商簿記2級の合格率はどのくらいなのでしょうか?日本商工会議所がまとめた直近5回の試験の合格率は、次のようになっています。

144回(H28.11.20) 13.4%
143回(H28.6.12) 25.8%
142回(H28.2.28) 14.8%
141回(H27.11.15) 11.8%
140回(H27.6.14) 34.5%

参照:簿記 受験者データ | 商工会議所の検定試験

合格率にかなりばらつきがありますが、しっかり勉強をしないと合格は難しい試験であるのは確かです。

2. 簿記検定2級に独学で合格するための勉強法

2-1. 合格するための方法1・基本知識を自分のものにする

何事も基本が大事です。簿記において、基本知識を自分のものにするためのポイントをまとめました。

2-1-1. 商業簿記編

仕訳→集計→試算表の作成までの一連の流れがスムーズにこなせるかどうかがポイントになります。まずは、正確な仕訳ができるようになりましょう。そのためには、勘定科目が資産・負債・純資産・収益・費用のどれに属するのかを考えながら、問題を解いてください。

2-1-2. 工業簿記編

仕訳からスタートするのは、商業簿記と同じです。商業簿記と工業簿記とでは、扱っているプロセスが全く違います。商業簿記は「企業が商品を仕入れ、それを別のところに売る」のが前提であるのに対し、工業簿記は「企業の中で製品を製造し、それを別のところに売る」のが前提です。この違いを意識してください。

さらに、製品の製造過程はいくつかの段階に分かれています。「自分が今勉強しているのは、製造過程のどの段階か」を意識しながら学習すれば、より理解が深まります。

2-2. 合格するための方法2・いい電卓を使いこなす

簿記の勉強には、電卓が欠かせません。電卓を選ぶときのポイント、効果的な使いこなし方をまとめました。

2-2-1. 最低限ほしい機能

日商簿記検定では、試験で使える電卓についての決まりがあります。

計算器具(そろばん、電卓)を使用しても構いません。ただし、電卓は、計算機能(四則演算)のみのものに限り、例えば、以下の機能があるものは持ち込みできません。
・印刷(出力)機能・メロディー(音の出る)機能
・プログラム機能(例:関数電卓等の多機能な電卓、売価計算・原価計算等の公式の記憶機能がある電卓)
・辞書機能(文字入力を含む)
(注)ただし、次のような機能は、プログラム機能に該当しないものとして、試験会場での使用を可とします。
日数計算、時間計算、換算、税計算、検算 (音の出ないものに限る)

引用:簿記 3級 | 商工会議所の検定試験

つまり、関数電卓は使えないので、注意してください。これを踏まえた上で、最低限ほしい機能をまとめてみました。

  • 12桁まで対応可能:日商簿記検定の場合、級が上がれば上がるほど、扱う数字の額も大きくなります。12桁まであれば、大体対応可能です。
  • 「0」「00」の両方のキーがついている:例えば、「100,000」という数字を打ち込むときに、「0」キーだけだと5回打たなければいけませんが、「0」と「00」を組み合わせれば3回で終わります。時間短縮には効果的です。
  • GT(グランドトータル)やM(メモリ)キーがついている:使いこなすと計算がとても楽になります。
  • 電卓本体にある程度の大きさがある:電卓本体が小さいと、どうしてもキーや表示画面も小さくなってしまうので、使いづらいです。ある程度の大きさがあるものをおすすめします。

また、電卓を購入する際は、同じものを2台購入するのをおすすめします。突然壊れてしまった場合、予備があるかないかで気持ちの持ちようがだいぶ違うためです。

予算が許すのであれば、おすすめの電卓はカシオ 本格実務電卓 検算・税計算 ジャストタイプ 12桁 JS-20WKです。価格はAmazonの最安で6,900円ほどですが、学習効率が高まる投資だと思えば安いものです。

2-2-2. 利き手を使うべきかどうか?電卓を利き手で打つかが問題になります。それぞれのメリットを考えてみました。

  • 利き手の場合:普段から使い慣れている腕であるた、電卓の操作に慣れやすい。
  • 利き手でない手の場合:片方の手でメモを取りながら問題演習ができるため、効率的に情報を処理できる。

もし、これまでに仕事で電卓を使ったり、すでに日商簿記3級の受験経験があったりするなら、無理に変える必要はありません。

しかし、これから日商簿記検定にチャレンジするなら、利き手でないほうの手で電卓を打てたほうが、処理速度は速くなります。参考にしてください。

2-2-3. キーを使いこなす

電卓には数字以外に、英語の略称が書いてあるキーが付いています。これらを使いこなせれば、さらに計算が早くなるので、ぜひ活用してください。使いこなしたい5つのキーを紹介します。

M+(メモリープラス) 液晶に表示されている数字、計算結果を電卓に加算記憶させる
M-(メモリ―マイナス) 液晶に表示されている数字、計算結果を電卓に減算記憶させる
RM(リターンメモリー) 電卓に記憶させた数字の残高を呼び出す
CM(クリアメモリー)
※電卓によってはMC(メモリークリア)の表示の場合もあり
電卓に記憶させた数字の残高を消去する
GT(グランドトータル) 複数の計算結果を電卓の中に記憶させる

2-3. 合格するための方法3・参考書と問題集を入手する

日商簿記2級に独学で合格するためには、参考書と問題集選びも重要です。次の点に気を付けましょう。

2-3-1. 自分の使い勝手で選ぼう

書店に行くと、様々な参考書や問題集が並んでいます。選ぶ基準は人それぞれですが、自分の使い勝手を重視して選びましょう。

例えば、図やイラストで解説してある方がわかりやすいなら、うまく活用しているものを選びましょう。

また、あまりに厚い参考書を選んでしまうと、読破するだけで大変です。ほどほどの厚さで、必要な情報がコンパクトにまとまっているものを選ぶのもポイントと心得ましょう。

2-3-2. 過去問は絶対入手しよう

日商簿記に限らず、資格試験に合格するためには、「これまでにどんな問題が出されているのか」を把握するのが重要です。過去問は絶対に入手しましょう。5年分程度あれば十分です。

これまでに簿記を学習した経験がある方なら、学習を開始した時点で一度解いてみるのをおすすめします。

2-3-3. 最初はマンガで全体像を理解するものアリ

逆に、これまで簿記を学習した経験がない方はどうすればいいのでしょうか。最近、経営学や哲学の名著をマンガで解説する、という本が流行っています。文字ばかりだと手を出しづらくても、マンガなら手に取れると感じる人も多いのではないでしょうか。

簿記に関しても、いくつかマンガで解説した本が出回っていますので、ぜひ活用してください。簿記の目的や全体像を理解しているかいないかで、その後の勉強の効率が大きく異なってきます。

2-4. 合格するための方法4・勉強計画を立てる

ただ何となく勉強していたのでは合格は難しいです。実際に日商簿記2級の試験勉強における計画の立て方について、ポイントをご紹介します。

2-4-1. 「いつまでに合格する」という期限を明確にする

仕事にもあてはまることですが、「いつまでに合格する」という期限を明確にしたほうが、合格はしやすくなります。期限から逆算してスケジュールを立てやすくなるからです。

初めて簿記を勉強するなら3~6か月、すでに日商簿記3級の受験経験があるなら2~4か月程度の学習期間を見込んでおきましょう。社会人の方の場合、平日は30分~1時間、休日は2時間程度の勉強時間は確保してください。

試験直前は復習中心で少しずつ時間を増やしましょう。

2-4-2. 毎日少しずつ勉強する

週1日6時間勉強するのと、週6日1時間勉強するのとでは、後者の方が知識が定着しやすいです。毎日、少しずつ勉強する習慣を身につけましょう。

最近はスマートフォンのアプリでも簿記の勉強ができます。移動時間を使って知識の確認ができるので、ぜひ活用してみてください。

■おすすめのスマートフォンアプリ

パブロフ簿記:かわいい犬のキャラクター「パブロフ」くんと一緒に簿記の勉強ができます。

いつでもどこでも勉強できる上に、ミスした問題、苦手な問題だけを復習する機能がついているなど、効率的に勉強が進められる仕組みが特徴です。

さらに、問題の解説を書いているのは現役の公認会計士のため、確かな知識を隙間時間で身に着けられます。

2-4-3. 週に1日は予備日を作る

勉強のスケジュールを立てる際は、週に1日は予備日を作りましょう。スケジュール通りに進んでいなかったら、予備日で調整してください。

また、リフレッシュが必要だと感じたら、予備日を使って休息しましょう。

2-4-4. 計画の見直しを定期的に行う

スケジュールを立てたところで、その通りに進むとは限りません。仕事が忙しかったり、体調が思わしくなかったりなど、どうしても勉強に時間がさけなくなる場合もあるでしょう。

定期的に計画の見直しを行うことで、本試験までに必要な知識をしっかり身に着けられます。1週間単位で行うと効果的です。

2-5. 合格するための方法5・勉強法を工夫する

独学で日商簿記2級を受験する場合、勉強法の工夫も必要になります。勉強法の基本として押さえておきたい考え方を3つ挙げてみましょう。

2-5-1. まずは参考書・問題集を1回転させる

参考書・問題集を使うときに気をつけたいのは、「一度の勉強ですべてを理解しようとしないこと」です。そのため、参考書・問題集はなるべく早く1回転(最初のページから最後のページまで読むこと)させましょう。

わからない箇所があったとしても、勉強を進めていくうちに理解ができるようになることは多いです。もし、わからない点があったとしたら、付箋を使うなどして、あとからすぐにチェックできるようにしておくと、勉強を効率的に進められます。

2-5-2. 間違えた箇所を記録し、原因を分析し、対策する

日商簿記に限らず資格試験において大事なのは「本番で点を確実に取りにいくこと」です。試験前までの勉強はいわば練習なので、ミスを恐れずに進めていきましょう。

ただし、ミスした箇所をそのままにしておいては本番で点は取れません。問題を解いて自己採点し、ミスした箇所がわかったら「何をミスしたのか」「そのミスの原因は何か」を自分なりに考えてください。

ミスの原因に関しては「仕訳の間違い」「転記ミス」「集計ミス」など、分かる範囲で細かく分析していけば、「自分がどういう理由で間違えるのか」がわかるでしょう。

2-5-3. 模擬試験を会場で受験する

独学の場合、どうしても本番に近い環境で問題を解く、という経験が不足しがちです。これを補うためには、模擬試験を会場で受験するのをおすすめします。本試験が近くなれば本番の試験と同じタイムスケジュールで進めてもらえるので、一度は受験しておきましょう。

ペース配分をつかむのも、大事な対策と考えましょう。

2-6. 合格するための方法6・コンディションを保つ

独学に限らず、資格試験に合格するためには、日々のコンディションを保つ心がけも必要です。特に、試験直前になればなるほど、体調管理がものをいいます。ぜひ、取り入れてほしい方法を3つご紹介します。

2-6-1. 眠い時は寝る

眠い時は何も考えられなくなりませんか?そういう時は、思い切って寝てしまい、翌日早めに起きて勉強をするのがおすすめです。効率よく勉強を進められるので、結果的にプラスになります。

2-6-2. 本試験前の1週間の過ごし方がカギ

本試験前の1週間をどう過ごすかも、合格のためには重要です。まず、勉強内容についてですが、新しいことに手を付けるのは絶対にやめましょう。

勉強を続けてきたなら自分の強い分野と弱い分野把握できているはずです。復習中心の勉強にして、弱い分野の問題が出ても、全く太刀打ちできないことがないようにするのを心がけてください。

また、睡眠時間を十分確保し、体力を温存しましょう。当日体調がすぐれなければ、どんなに勉強を重ねてきたとしても、結果が残せない可能性が高くなります。

2-6-3. 当日は余裕をもって行動する

最後に、試験当日の行動についてお話しします。試験開始時刻の30分前には会場に到着できるように、タイムスケジュールを組んでください。最寄り駅から遠い会場の場合、送迎バスの有無や徒歩の場合の経路もしっかり確認しておきましょう。

まとめ

日商簿記2級に独学で合格するための方法についてお伝えしました。簡単とは言えないレベルの試験ですが、やり方を押さえてこつこつ勉強していけば、決して合格できない試験ではありません。

自分に合った方法と組み合わせながら、根気強く勉強を始めてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事更新日:2017年03月25日

Facebookページで更新情報をお届けします!



購読にはTwitterやRSSも便利です。

follow us in feedly

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close